フィリピン大学セブ校について

フィリピン大学セブ校とは何ですか。


フィリピン大学は、フィリピン唯一の国立大学で、国内各地に7のキャンパスとオープンユニヴァーシティ(通信大学のようなもの)があり、それぞれフィリピン大学○○校、と呼ばれています。 フィリピン大学セブ校キャンパスは、所在地セブ島がフィリピン第2の都市というだけあり、周りの島のキャンパスと比べても規模が大きく、ビサヤ地区の島々から優秀な学生が集まる活気のあるキャンパスです。 フィリピン大学セブ校の詳細は こちらをご参照ください。




フィリピン大学セブ校の提携校はどこですか。


フィリピン大学セブ校の提携校は、東洋大学、関西大学、大手前大学、公立はこだて未来大学の4校で、年々、交換留学生の数が増えています。 交換留学の期間は半年から1年と中長期滞在する留学生が多いです。 フィリピン大学セブ校の詳細は こちらをご参照ください。




提携校以外の大学からも交換留学は可能ですか。


はい。 フィリピン首都マニラのフィリピン大学の本部があるデリマン校と提携の大学でもセブ校への交換留学が可能です。
過去の例でいうと、九州大学と中央大学からの交換留学生がセブ校に在籍していました。
フィリピン大学デリマン校だと、東京外国語大学や、大阪大学等のフィリピン語専攻の学生の留学先として選ばれることが多いようです。




交換留学にはどれくらいの英語力が必要ですか。


英語を母語としない留学生の英語力は、目安としてTOEFL iBTテストのスコア61点以上が望ましいとされてます。
TOEICであれば600点程度、英検であれば準1級レベルの英語力が求められます。
大学の講義では、ディスカッション形式や、グループで行うプロジェクトの発表や、プレゼンテーション等、発言の機会が多いので、スピーキング力が試されます。
日本の大学と、フィリピン大学では学期開始にずれがあるため、日本の大学の学期終了後、早目にフィリピンへ渡航して先に語学学校で英会話を鍛えてから、フィリピン大学でのキャンパスライフのスタートがスムーズに切れると思います。 セブ島では、1ヶ月15万円ほどで語学留学ができます。 1週間単位で語学留学ができるので、交換留学を決める前に下見として語学留学をするのもいいと思います。 語学留学や、語学学校については、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい。




フィリピン大学セブ校にはどんな学部がありますか。


フィリピン大学セブ校にはコミュニケーションアート&デザイン学部、理学部、社会学部、経済経営学部の4つの学部があります。

コミュニケーションアート&デザイン学部:College of Communication Arts and Design

コミュニケーション学科:Bachelor of Arts in Communication

芸術学科:Bachelor of Fine Arts (Product Design)

デザイン学科:Bachelor of Fine Arts (Studio Arts)

理学部:College of Science

生物学科:Bachelor of Science in Biology

コンピュータサイエンス学科:Bachelor of Science in Computer Science

数理科学科: Bachelor of Science in Mathematics

社会学部:College of Social Sciences

政治学:Bachelor of Arts in Political Science

心理学:Bachelor of Arts in Psychology

経済経営学部:School of Management

マネージメント学科:Bachelor of Science in Management

交換留学でフィリピン大学セブ校に在籍する際は、日本での専攻に近い学科に所属することになります。

1,2年次は一般教養科目も多く、単位認定もされやすいですが、履修科目については留学前に大学側と相談して決めることをお勧めします。





フィリピン大学セブ校のキャンパスライフについて

フィリピン大学セブ校とは何ですか。


フィリピン大学は、フィリピン唯一の国立大学で、国内各地に7のキャンパスとオープンユニヴァーシティ(通信大学のようなもの)があり、それぞれフィリピン大学○○校、と呼ばれています。 フィリピン大学セブ校キャンパスは、所在地セブ島がフィリピン第2の都市というだけあり、周りの島のキャンパスと比べても規模が大きく、ビサヤ地区の島々から優秀な学生が集まる活気のあるキャンパスです。 フィリピン大学セブ校の詳細は こちらをご参照ください。




フィリピン大学セブ校の提携校はどこですか。


フィリピン大学セブ校の提携校は、東洋大学、関西大学、大手前大学、公立はこだて未来大学の4校で、年々、交換留学生の数が増えています。 交換留学の期間は半年から1年と中長期滞在する留学生が多いです。 フィリピン大学セブ校の詳細は こちらをご参照ください。




提携校以外の大学からも交換留学は可能ですか。


はい。 フィリピン首都マニラのフィリピン大学の本部があるデリマン校と提携の大学でもセブ校への交換留学が可能です。
過去の例でいうと、九州大学と中央大学からの交換留学生がセブ校に在籍していました。
フィリピン大学デリマン校だと、東京外国語大学や、大阪大学等のフィリピン語専攻の学生の留学先として選ばれることが多いようです。




交換留学にはどれくらいの英語力が必要ですか。


英語を母語としない留学生の英語力は、目安としてTOEFL iBTテストのスコア61点以上が望ましいとされてます。
TOEICであれば600点程度、英検であれば準1級レベルの英語力が求められます。
大学の講義では、ディスカッション形式や、グループで行うプロジェクトの発表や、プレゼンテーション等、発言の機会が多いので、スピーキング力が試されます。
日本の大学と、フィリピン大学では学期開始にずれがあるため、日本の大学の学期終了後、早目にフィリピンへ渡航して先に語学学校で英会話を鍛えてから、フィリピン大学でのキャンパスライフのスタートがスムーズに切れると思います。 セブ島では、1ヶ月15万円ほどで語学留学ができます。 1週間単位で語学留学ができるので、交換留学を決める前に下見として語学留学をするのもいいと思います。 語学留学や、語学学校については、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい。




フィリピン大学セブ校にはどんな学部がありますか。


フィリピン大学セブ校にはコミュニケーションアート&デザイン学部、理学部、社会学部、経済経営学部の4つの学部があります。

コミュニケーションアート&デザイン学部:College of Communication Arts and Design

コミュニケーション学科:Bachelor of Arts in Communication

芸術学科:Bachelor of Fine Arts (Product Design)

デザイン学科:Bachelor of Fine Arts (Studio Arts)

理学部:College of Science

生物学科:Bachelor of Science in Biology

コンピュータサイエンス学科:Bachelor of Science in Computer Science

数理科学科: Bachelor of Science in Mathematics

社会学部:College of Social Sciences

政治学:Bachelor of Arts in Political Science

心理学:Bachelor of Arts in Psychology

経済経営学部:School of Management

マネージメント学科:Bachelor of Science in Management

交換留学でフィリピン大学セブ校に在籍する際は、日本での専攻に近い学科に所属することになります。

1,2年次は一般教養科目も多く、単位認定もされやすいですが、履修科目については留学前に大学側と相談して決めることをお勧めします。





セブ島での生活について

大学には寮がありますか。


外国人生徒向けの寮はありません。 大学の近くのアパートを借りて生活します。




大学の近くのアパートを借りるにはどうすればいいですか。


契約時には、賃料の1~2ヶ月(オーナーとの契約による)の保証金(Security Deposit)と、賃料の1~2ヶ月(オーナーとの契約による)の前家賃(Advance Rental)を支払う必要があります。 エントランスに24時間の警備員が駐在していて、アパート内に管理オフィスもあるセキュリティーも保たれている、交換留学生が利用することの多いアパートは、1LKの間取りで8,000ペソ(約20,000円)~10,000ペソ(約25,000円)の価格帯で借りられます。 よりセキュリティーを高めるために、長期滞在用ホテルを利用する方法もあります。 2人でシェアする場合、1人でアパートを借りるのとそこまで変わらない金額で借りることができます。 セブ島に渡航後、家が決まるまでは大学近くのホテルに滞在する留学生が多いです。




1ヶ月の生活費はどれくらいかかりますか。


交換留学の場合、フィリピン大学に学費を払う必要はありません。 生活費は、生活レベルにもよりますが、フィリピンは日本と比べても物価が安いので、出費を抑えることが出来ます。 留学開始時には、SSP(就学許可書)費用や、賃貸契約時にまとまったお金が必要ですが、1か月あたりの生活費は大体4,5万円以内に収まります。 【1ヶ月の出費の目安】 ・家賃:2万円 ・電気、水道代:3千円 ・インターネット:2千円 ・食費:5千円 ・大学で使う教材:千円 ・携帯電話使用料:500円 ・観光ビザ延長料金:4千円 ・その他




学生ビザの取得はどうしたらいいですか。


大学に正式に入学する場合は学生ビザの申請が必要になります。 交換留学の場合は、語学学校への留学と同じく、観光ビザ+SSP(就学許可書)の申請を行います。 日本国籍のパスポート所持者に対しては、フィリピン入国時に、自動的に30日の観光ビザが付与されるので、事前の申請は特に不要です。 SSP(就学許可書)の申請手続きはフィリピン大学の担当職員が代行して行ってくれます。
※費用は交換留学生負担 SSP(就学許可書)の有効期限は半年なので、留学期間が半年を超える場合は、有効期限内にリニューアル手続きを行う必要があります。 観光ビザについては、現地の移民局で観光ビザの延長手続きを行います。 最初の延長は1ヶ月、2回目は2ヶ月、3回目は半年延長することができますが、手続きは交換留学生が各自で行います。




英語力に自信がありません、現地の語学学校に通うことはできますか。


はい。 セブ島は英語留学先としても人気の高いエリアで、数多くの語学学校があります。 語学学校は、全寮制のところがほとんどですが、通学も可能な語学学校があるので、現地で申込むこともできます。 フィリピン大学への交換留学前に、1,2ヶ月集中して英語学習に取り組む場合は、全寮制の語学学校で朝から夕方まで英語レッスンを受ける方法もあります。 全寮制の語学学校ではセキュリティーの心配もないことや、3食提供されているところがほとんどなので、セブ島での生活のセットアップがしやすいというメリットがあります。 家探しの間のホテル暮らしと比較してみても、コストパフォーマンスが良く、英語環境にいち早く慣れることができます。 日本の大学の春・夏・冬休みの時期は、大学生の留学生も多く、他校の大学生との交流も楽しめます。 ただ、長期休みは語学学校は繁忙期となりますので、予約が数か月前から埋まりますので、お早目にご検討ください。 セブ島でのお勧めの語学学校については、是非お問い合わせください。




留学中に病気になった時はどうしたらいいですか。


【軽い症状の時】 フィリピン大学セブ校には、看護師が駐在しているクリニックがあるので、軽いけがや、体調不良の際には、クリニックで診てもらえます。 発熱時には、大学のクリニックで公認欠席書を発行してもらい、担当教官へ提出するようにしましょう。 【重い症状の時】 フィリピン大学セブ校からタクシーで10分程の距離に、総合病院「セブドクターズ」と「チャンワ」があります。 そこでは日本語対応がしてもらえる「ジャパニーズヘルプデスク」という診療サポート機関があります。
「ジャパニーズヘルプデスク」でキャッシュレスでスムーズに保険手続きが行える海外旅行傷害保険は以下の通りです。 三井住友海上、ジェイアイ傷害火災、損保ジャパン、日本興亜損保、AIU、
エーズ損保、セコム損保、あいおいニッセイ同和、日新火災海上、
ソニー損保、朝日火災、富士火災、東京海上日動火災 日本は、医療費は3割負担ですが、フィリピンを含め、海外では全額負担となりますので、医療費は高額になります。 交換留学時には、 キャッスレス治療を利用できる海外旅行傷害保険に加入することをお勧めします。





サイト管理人(KATE)プロフィール

2006年、親の海外赴任がきっかけでマニラへ。

3年間のマニラの生活でフィリピンが大好きになり、セブ島へ移住。

フィリピン大学セブ校へ入学・卒業を経て現在に至る。

​フィリピン留学やセブ島の生活情報ならお任せください!

Copyright © 2019 UPWARD  All Rights Reserved

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now