フィリピン大学セブ校について

フィリピン大学セブ校とは何ですか。


フィリピン大学は、フィリピン唯一の国立大学で、国内各地に7のキャンパスとオープンユニヴァーシティ(通信大学のようなもの)があり、それぞれフィリピン大学○○校、と呼ばれています。 フィリピン大学セブ校キャンパスは、所在地セブ島がフィリピン第2の都市というだけあり、周りの島のキャンパスと比べても規模が大きく、ビサヤ地区の島々から優秀な学生が集まる活気のあるキャンパスです。 フィリピン大学セブ校の詳細は こちらをご参照ください。




フィリピン大学セブ校の提携校はどこですか。


フィリピン大学セブ校の提携校は、東洋大学、関西大学、大手前大学、公立はこだて未来大学の4校で、年々、交換留学生の数が増えています。 交換留学の期間は半年から1年と中長期滞在する留学生が多いです。 フィリピン大学セブ校の詳細は こちらをご参照ください。




提携校以外の大学からも交換留学は可能ですか。


はい。 フィリピン首都マニラのフィリピン大学の本部があるデリマン校と提携の大学でもセブ校への交換留学が可能です。
過去の例でいうと、九州大学と中央大学からの交換留学生がセブ校に在籍していました。
フィリピン大学デリマン校だと、東京外国語大学や、大阪大学等のフィリピン語専攻の学生の留学先として選ばれることが多いようです。




交換留学にはどれくらいの英語力が必要ですか。


英語を母語としない留学生の英語力は、目安としてTOEFL iBTテストのスコア61点以上が望ましいとされてます。
TOEICであれば600点程度、英検であれば準1級レベルの英語力が求められます。
大学の講義では、ディスカッション形式や、グループで行うプロジェクトの発表や、プレゼンテーション等、発言の機会が多いので、スピーキング力が試されます。
日本の大学と、フィリピン大学では学期開始にずれがあるため、日本の大学の学期終了後、早目にフィリピンへ渡航して先に語学学校で英会話を鍛えてから、フィリピン大学でのキャンパスライフのスタートがスムーズに切れると思います。 セブ島では、1ヶ月15万円ほどで語学留学ができます。 1週間単位で語学留学ができるので、交換留学を決める前に下見として語学留学をするのもいいと思います。 語学留学や、語学学校については、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡下さい。




フィリピン大学セブ校にはどんな学部がありますか。


フィリピン大学セブ校にはコミュニケーションアート&デザイン学部、理学部、社会学部、経済経営学部の4つの学部があります。

コミュニケーションアート&デザイン学部:College of Communication Arts and Design

コミュニケーション学科:Bachelor of Arts in Communication

芸術学科:Bachelor of Fine Arts (Product Design)

デザイン学科:Bachelor of Fine Arts (Studio Arts)

理学部:College of Science

生物学科:Bachelor of Science in Biology

コンピュータサイエンス学科:Bachelor of Science in Computer Science

数理科学科: Bachelor of Science in Mathematics

社会学部:College of Social Sciences

政治学:Bachelor of Arts in Political Science

心理学:Bachelor of Arts in Psychology

経済経営学部:School of Management

マネージメント学科:Bachelor of Science in Management

交換留学でフィリピン大学セブ校に在籍する際は、日本での専攻に近い学科に所属することになります。

1,2年次は一般教養科目も多く、単位認定もされやすいですが、履修科目については留学前に大学側と相談して決めることをお勧めします。





フィリピン大学セブ校のキャンパスライフについて

大学の講義では英語が使われますか。


ホワイトボードへの板書や、テキストやプリント類の印刷物、公式な研究発表会では、英語が主流です。 講義自体は、公用語の英語とフィリピノ語(タガログ語)に加え、セブ島地元出身の教授や講師の場合セブ島の現地語、セブアノ語も混ざることがあります。 外国人生徒に配慮して、ほぼ英語で講義してくれる教授や講師も多いので、英語力があればそこまで困る事はありません。 ただ、英語が出来る事が前提で授業が展開していくので、英語環境に慣れるまでは、ホワイトボードの書き取りが間に合わない場合の対策としてシャッター音のならないカメラ機能のあるスマホを携帯したり、辞書アプリをダウンロードしたりと、授業スピードについていく工夫をしましょう。




フィリピン大学セブ校への留学ではフィリピノ語(タガログ語)が習得できますか。


ビサヤ語圏のセブ島では日常会話は地元のセブアノ語が話されています。 フィリピン大学セブ校に通う学生のほとんどがセブ島か近隣のビサヤ語圏の島出身です。 フィリピノ語(タガログ語)はフィリピンの公用語なので、ほとんどの学生は不自由なくフィリピノ語(タガログ語)を話せますが、英語の方が得意という学生が多いです。
フィリピノ語(タガログ語)習得目的の留学では、セブ校よりもデリマン校へ留学する方が有利ですが、セブ島でも習い事として、ランゲージスクールでフィリピノ語のレッスンを受けることはできます。




大学のサークルに参加したいのですが。


交換留学中という限られた期間でも参加しやすいサークルとして、UP Nichibunken(UP日文研)があります。 Nichibunkenは日本文化研究会の略字で、日本語学習を始め、セブ島で日本のポップカルチャーの発信やイベント開催等を行っており、文化交流の機会にもなります。 フィリピン大学セブ校では、第二外国語で日本語を選択する学生もおり、日本文化への関心が高く、サークルへの参加も歓迎してもらえます。 UP Nichibunken(UP日文研)の FBページから直接連絡を取ることが出来ます。





セブ島での生活について

大学の講義では英語が使われますか。


ホワイトボードへの板書や、テキストやプリント類の印刷物、公式な研究発表会では、英語が主流です。 講義自体は、公用語の英語とフィリピノ語(タガログ語)に加え、セブ島地元出身の教授や講師の場合セブ島の現地語、セブアノ語も混ざることがあります。 外国人生徒に配慮して、ほぼ英語で講義してくれる教授や講師も多いので、英語力があればそこまで困る事はありません。 ただ、英語が出来る事が前提で授業が展開していくので、英語環境に慣れるまでは、ホワイトボードの書き取りが間に合わない場合の対策としてシャッター音のならないカメラ機能のあるスマホを携帯したり、辞書アプリをダウンロードしたりと、授業スピードについていく工夫をしましょう。




フィリピン大学セブ校への留学ではフィリピノ語(タガログ語)が習得できますか。


ビサヤ語圏のセブ島では日常会話は地元のセブアノ語が話されています。 フィリピン大学セブ校に通う学生のほとんどがセブ島か近隣のビサヤ語圏の島出身です。 フィリピノ語(タガログ語)はフィリピンの公用語なので、ほとんどの学生は不自由なくフィリピノ語(タガログ語)を話せますが、英語の方が得意という学生が多いです。
フィリピノ語(タガログ語)習得目的の留学では、セブ校よりもデリマン校へ留学する方が有利ですが、セブ島でも習い事として、ランゲージスクールでフィリピノ語のレッスンを受けることはできます。




大学のサークルに参加したいのですが。


交換留学中という限られた期間でも参加しやすいサークルとして、UP Nichibunken(UP日文研)があります。 Nichibunkenは日本文化研究会の略字で、日本語学習を始め、セブ島で日本のポップカルチャーの発信やイベント開催等を行っており、文化交流の機会にもなります。 フィリピン大学セブ校では、第二外国語で日本語を選択する学生もおり、日本文化への関心が高く、サークルへの参加も歓迎してもらえます。 UP Nichibunken(UP日文研)の FBページから直接連絡を取ることが出来ます。





サイト管理人(KATE)プロフィール

2006年、親の海外赴任がきっかけでマニラへ。

3年間のマニラの生活でフィリピンが大好きになり、セブ島へ移住。

フィリピン大学セブ校へ入学・卒業を経て現在に至る。

​フィリピン留学やセブ島の生活情報ならお任せください!

Copyright © 2019 UPWARD  All Rights Reserved

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now